幸田町の内科・消化器内科・内視鏡内科・小児科クリニック

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)について

■ 胃カメラ検査は咽頭、喉頭、食道、胃、十二指腸に病気が疑わる場合に行われます。

■ 症状が無くても、胃がんの検診のために有用な検査です。

■ 当院では最新の内視鏡設備を整え、質の高い診断を心掛けています。

説明画像検査は、内視鏡(電子スコープ)を口から胃の中に入れて、先端の超小型カメラを通し、直接胃の中を観察します。

内視鏡検査では、胃透視(バリウムの検査)と異なり、病変の組織採取(生検)も可能なため、より正確な診断ができます。

 

検査で見つかる疾患

  • 咽頭・喉頭がん
  • 逆流性食道炎
  • 食道がん
  • 胃炎(ヘリコバクターピロリ菌感染症)
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 胃ポリープ
  • 胃がん
  • 胃粘膜下腫瘍
  • 胃アニサキス症

 

院長説明の先生上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)検査に不安がある方、

苦手意識がある方は気軽にご相談ください。
 

 

検査の際は、静脈麻酔による苦痛の少ない検査が可能です。(意識下鎮静法)

■ 意識下鎮静法とは

胃カメラに対して、「痛い」「つらい」などの負のイメージを持たれている方も多いと思います。
これらの症状は、舌根が刺激されることにより、喉の奥で反射が起こるために生じます。
反射の程度は、検査を受ける人により程度は異なります。

当院では、胃カメラを少しでも楽に受けていただけるように、
希望される方には鎮静剤(意識下鎮静法)の使用を行っています。

鎮静剤には、緊張を和らげ苦痛を軽減させる作用があり、半分眠ったような状態での検査となります。

検査後はしばらく意識がはっきりしない状態が続きますので、しばらくの間休んでからお帰りいただきます。検査当日は、お車の運転はご遠慮ください。

 

当院では、検査の目的に合わせ太さの異なる3種類のカメラを導入しています。

腹部に症状の無い方で、胃がんの健診目的で内視鏡検査を受ける方には、
苦痛の少ない経鼻内視鏡や細径の経口内視鏡をお勧めします。

健診の胃透視で異常を指摘された方、腹部に症状を認める方は
ハイビジョン画質対応の拡大内視鏡をお勧めします。カメラ

拡大内視鏡

 

胃カメラ検査の流れ

検査前日の注意点

  • 午後9時以降の食事はしないでください。また、食事は消化のよいものをとってください。
  • 飲み水は可能ですが、ジュースやアルコール類は、午後9時以降とらないでください。
  • 常用薬は服用して差し支えありません。

検査当日の注意点

  • 検査が終わるまで食事はできません。
  • コップ1杯程度の飲水は可能です。
  • 当日は、禁煙して来院してください。
  • 常用薬の服用は、種類によって異なりますので、必ずご相談ください。
注意 抗凝固剤、抗血小板剤(血液をサラサラにする薬)を飲んでいる方は、検査中に生検(組織の一部を取り出す)を行った場合、出血が止まらなくなる場合がありますので、必ずお申し出ください。

 

検査後の注意点

  • 検査後はのどの奥が麻酔でしばらくの間しびれが残ります。
    食事はしびれがとれて、お水を飲んでもむせないようになってからとってください。
  • 鎮静剤をされた場合は、しばらくの間ボーっとした状態が続きます。
    当日は、安全のため、バイク・お車の運転はひかえてください。

 

【胃カメラ検査の詳細】

① シロップを飲みます
胃の中の粘液を取り除くシロップを飲んでいただきます。
② スプレー麻酔をします
内視鏡が入るときに苦痛がないように、のどの奥にスプレーで麻酔をします。
③ 器械を装着します
検査台に横になり、血圧計や呼吸状態を監視する器械を装着します。
④ 鎮静剤を使用する場合
鎮静剤を使用する場合は、静脈注射をして意識がボーっとしてから検査を開始します。
⑤ 検査を開始します
内視鏡の管を挿入し、検査を開始します。肩や首の力を抜いてリラックスした状態を保つことが肝要です。
⑥ 検査時間について
検査時間は通常5〜10分で終わります。
⑦ 検査後はゆっくりお休みしていただきます
検査が終了したらそのまま鎮静剤の効果が薄れるまでゆっくりとリクライニングチェアーでお休みしていただきます。
(休む時間は個人差がありますが、通常20〜40分くらいです)
⑧ 診察室にてご説明いたします
診察室で、撮影画像を見ながら、検査結果を詳しくご説明します。

 

電話でのお問い合わせは TEL 0564-62-2055 午前8:45~11:45 午後15:45~18:15

PAGETOP
Copyright © 三ケ根クリニック All Rights Reserved.